« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

大飯原発に行ってきた

GWの2日目、実家の帰省の途中に今話題の「大飯原発」に行ってきました。

Img_2573s

ちょっと小高い山の上にあるので、途中の山道で撮った景色はのどかで気持ちいい。逆にこんなところにほんとに原発があるの?という印象です。

当然原発そのものへは入れませんので、すぐ隣にあるPR館「エル・パーク・おおい」に見学に行っただけですが、原発の入り口とPR館の入り口が同じで、道なりに行くと原発のものものしい警備の前に車をつけてしまうことになり、軽くにらまれますので、注意(笑)

PR館の中のメイン展示がこの1/3原発模型。2つのモニタでまず原発での発電の仕組みを勉強できます。恥ずかしながら、ここで初めてようやく建屋の関連がわかりましたcoldsweats01

Img_2560s

かつてこのPR館ができたときには、この次に実際の原発のオペレーションルームに移動して、ガラス越しで見ることができたそうですが、現在はテロ対策の都合で行けなくなっています。
その代わり、バーチャル建屋訪問の動画説明が次のコーナーで用意されています。

Img_2565s

最後は、原発再開に向けて?おっちゃんから最後の説明会。

Img_2567s

どうもこのおっちゃん、説明要員ではないらしく、ちょっと不安げな説明。

Img_2571s

いかにも地元の雇用のためではないです的な資料もありましたが、先の風景をみていただくとわかる通り、地元の原発依存はかなり高めのように感じられました。

他にもストレステストの資料なども細かな字で掲示されていましたが、伝える気がなさそうでなんかやらされてる感がぬぐえない。

これを見て「納得した、よし再開よし」とはならんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

キャベツとレタス

GWに入りました。夕方近くに畑に行って来ました。

Daikon20120429

ダイコンはかなり大きくなってきたので、一本立ちに。

Horenso20120429

ホウレンソウも間がかなり詰まってきたので、間引き作業を行いました。間引き菜だけでかなりの収穫。

Ichigo20120429

イチゴは畝が窮屈になってきたのか、ツルが左右に伸びてきています。花がちょこちょこ咲くようになりました。

Tanamegi20120429

タマネギは元気ですが、どうなんでしょう。しばらく放置です。

Mame20120429

マメ類は真ん中のソラマメの生育が悪いなぁ、とよく見たら、アブラムシがびっしり(´・ω・`)。とりあえず、揺すって落とせるだけ落としましたが、ダメだろうなぁ。

Cabetu220120429

この日はまた新しいことを一つ。キャベツとブロッコリーの苗がひょろっとしながらも大きくなってきたので、かなり遅いとは思いつつ、定植。

Cabetu20120429

実は今回もコンパニオンプランツの実験です。交互にレタス類(アオムシの親のモンシロチョウがレタス嫌いの性質を利用するため)を植えたかったのですが、苗が間に合わず、とりあえずキャベツ類だけ植えてあります。そのうちレタスも植えます(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

トウモロコシ第1弾

前回準備したトウモロコシ用の畝に種を蒔きました。

Cornedamame

品種は「スーパースイートバンタム」、これをエダマメと交互(間隔は30cm)に植えていくコンパニオンプランツ実験を今回は行います。

Cornune3

時期をずらして収穫できるように、今回は奥の半分だけに植えました。上には鳥避けの不織布を当分かけておきます。

Daikon20120421

ダイコン。

Horenso20120421

ホウレンソウ。

Ichigo20120421

イチゴ(手前)とタマネギ。

Mame20120421

ソラマメ、サヤエンドウ、など。

Retasu20120421

一番古株のレタスミックスは暖かくなって、また元気に育ってきましたので、両脇に前回の余り種を蒔いてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

トウモロコシの準備

今日はトウモロコシの畝の準備。

先日有機石灰を撒いておいたところに、堆肥と化成肥料を入れて、黒マルチで覆いました。

Cornune2

マルチはダイソーで購入したのですが、長さが足らず、2枚を途中で継ぎ足して張っています。

マルチを止めるピンは赤いビニールコーティングで目立つ(作業中によく踏んでしまうのと、土にまぎれて探すのが面倒)のと錆び止めになると思い、今回はこれを買ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

ダイソーの種を数えてみた

畑に寄ってきました。ここは少し涼しいのか、それとも品種が遅い品種なのか、畑の横にある桜は満開。

Sakura

今日の作業は、トウモロコシ用の畝立て。酸度調整の石灰分を今回も有機石灰にしてみました。

Cornune

ダイソーの種がだいぶんそろってきた(別にコレクションしてるわけではないですが)ので、ちょっと中身について書いてみようと思います。

今回は「トウモロコシ」、品種と実際に中に何粒入っているか調べてみました。

Amai

「あま〜いスイートコーン」、品種は「エキストラスイート」アメリカ産で内容量は8mlとありますが、開封してみると29粒入っていました。3粒ずつまくと、約10株植えられる計算になります。

Gokuama

「ゴク甘コーン」、品種は「きみか」アメリカ産で内容量は3mlとあります。先ほどの「あま〜い」に比べるとかなり内容量が少ないです。開封してみると、たった8粒しか入っていません!

Supersweet

最後は今年から上の方がグリーンの新しいパッケージのシリーズの「スーパースイートバンタム」、こちらは表のパッケージ以外は品種の記載はなし、生産地はアメリカ、内容量は5ml。数えてみると13粒ありました。

同じトウモロコシでも原価がかなり違うのか、2袋105円で販売するために、内容量を調整しているんですね。

おそらく全部スイートコーンなので、時期をずらして植えてみたいと思います。

トウモロコシと言えば、白いトウモロコシ、今年は注文してみようかなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

爆弾低気圧の傷跡

世間はお花見シーズンですが、どうもあの雰囲気が好きになれなくて…。

ということで、午後から畑に行ってきました。途中で桜はいっぱいみたので、夜桜でも仕事帰りに見に行きたいですね。

さて、畑ですが、えらいことに。

20120408potato

雨水の通り道になったのか、ジャガイモがむき出しになっているところが…。
とりあえずそのまま埋めましたが、大丈夫かなぁ。

それと、今日は一畝だけ耕してきました。耕した後は酸度調整のために、有機石灰を散布。

通常は苦土石灰を撒くところなんですが、ダイソーでは売り切れ。代わりに横にあった有機石灰を買ってきました。

こちらによると、
「有機石灰はカキホタテの貝がらや卵の殻を粉砕して作られた動物質由来のカルシウムを主成分とした石灰(土壌改良剤)です。有機石灰は、消石灰や苦土石灰と違い、酸性土壌を速やかにしかも穏やかに中和するので、撒いた後すぐに種まき・定植が可能です。しかも土中の有効微 生物の活性化を促進するので土が固くなりません。土壌にプラスに働くため、作物の色艶、日持ち、栄養価にすぐれた効果が期待できます。」
なんか、土に優しそうですね。

先生の教え方(石灰→肥料→植え付けを一気にやる)では、こっちの方がいいのでは?とちょっと思ってしまいましたが、どうなんだろう。また検証項目が増えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

コンパニオンプランツ

帰りに本屋で「野菜だより」の5月号を購入。


今月号の特集は「コンパニオンプランツ」。「複数の作物を一緒に植えることで、病気や害虫を防除する」ことができるので、農薬を少なくすることができるというものです。

毎回、虫との闘いがあり、止むなく農薬を少し使ったりするのですが、気分的には「虫に負けた」感がありますよね。なので、コンパニオンプランツには前々から気にはなっていたのですが、今回やってみようかと。

例えば「トウモロコシ」と「エダマメ」。それぞれ、アワノメイガ、カメムシという強敵がいて、何もしないと間違いなく壊滅させられてしまうほどの強敵なのです。

しかしながら、アワノメイガはエダマメ、カメムシはトウモロコシがそれぞれ嫌いで、この2種類の作物を隣同士に植えることで、害虫がよってこなくなるとのこと。

今年はこんなことも考えながら作物を育ててみたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

今年も野菜作りを始めました

昨年秋からすっかり書かずじまいでしたが、やはり記録を残していかないと中々頭の中にも整理できないので、まじめに書くことにしました。

ということで、昨日休日では久しぶりにいい天気になったので、春の野菜作りを開始することにしました。

まずは、ジャガイモの植え付け。品種は楽天で購入した「シャドークイーン」「ピルカ」。

20120401_potato

次はダイコンとホウレンソウの種まき。
今年は「なるべくダイソーで2袋105円で購入したものを使ってみる」というテーマで野菜作りに取り組んでみることにしました。

こちらにも紹介されていますが、ダイソーでは最近、多くの種類の種が販売されているのですが、メジャーな種苗メーカーにどこまで迫れるのか、記録していきたいと思います。

手始めはダイコン「一代交配 春大根」。「畝幅60cmに条蒔き」とありましたが、30cm間隔で点蒔きにしてみました。

20120401_daikon

ホウレンソウは「一代交配 春まき ほうれん草」。「酸性土壌に弱いので、石灰を散布して土壌を中和させてから種まきします」とあったので、いつもよりよけいに苦土石灰をまいて、60cm幅の畝に3列で条蒔きしました。

20120401_spinach

次は予定にはなかったのですが、ソラマメのつるが伸びてきたので、上に伸ばすようにした方がいいよと、教えてもらったので、網と支柱でご覧の通りの仕組みを作り、誘引してみました。来週、もうちょっときっちりする予定です。

20120401_soramame

最後は、種をまいたところに鳥避けに不織布で覆いをかけて作業終了。

20120401_finish

その他、去年講座でもらったイチゴが家で年を越して無事に生き残ってくれたので、畑に移植しました。

20120401_berry

そして、タマネギ。これも冬の寒い時期を何とか乗り切ってくれ、ここ数週間で緑色が多くなってきました。

20120401_onion

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年5月 »