« エダマメ | トップページ | 秋ジャガ植え »

2011年9月 3日 (土)

秋期講座開始!

8月末で家庭菜園の自主管理が終わり、9月からまた大学の講座がスタート。

今回は以下の盛りだくさんな内容。

  • 講義 約1時間
  • 実習室にて、ハクサイ(豊秋50日を2列、CR千秋80日を1列、各セルに4粒ずつ)、レタス(各セルに3粒ずつ)の育苗用の播種
  • 午後から実習畑にてダイコンの播種、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、スティックセニョールの苗の植え付け

さすが女子大、実習室にはこんなかわいらしいイラストがhappy01

Dscf5119_1024

細かい目のセルトレイに細かい種を数粒播くのはかなり面倒な作業。でもここで手を抜くと、おいしい野菜はできません。この時点で外はときどき強い雨が降ってきます。

Dscf5124_1024

お昼を取った後、実習畑へ移動。とりあえず、雨は小休止。

今回、苗はキャベツ類。左(緑色のポット)はブロッコリー、右(黒色のポット)はキャベツ。去年はキャベツの玉が小さかったので今年は何とかお好み焼きが食べられるくらいにはしたい!

Dscf5127_1024_2

左(白色のポット)はカリフラワー、右(銀色のポット)はスティックセニョールです。

Dscf5130_1024

植える区画は畝幅60cm×4m。苦土石灰(240g、手で8つ分くらい)を撒いき、耕します。

その後、溝を掘り、堆肥(5kg)、化成肥料(240g)を入れた後に、去年入れ忘れた土壌殺菌剤「フロンサイド」(60g、手で2つ分くらい)をしっかりに入れました。フロンサイドの代わりに堆肥を多めに入れることでもよいそうです。

Dscf5153_1024

ちょっと入れすぎたかも(笑)

Dscf5154_1024

溝を土で埋めたあとに、6つの苗を40~45cm間隔に植え付けます。
メモが正しければ、奥から、カリフラワー、スティックセニョール、ブロッコリー、キャベツです。

Dscf5157_1024

その他、ダイコンの播種。ダイコンは根こぶ病にかからないとのことで、こちらには殺菌剤は使いませんでした。播いた品種は、「秋の宴」「おでんだいこん」「聖護院ダイコン」の3種類。

こちらも畝幅60cm×4m。苦土石灰を撒いて耕した後、堆肥、化成肥料(量は前述のキャベツ類と同じ)を入れて、畝立てします。

写真では見えづらいですが、30cm間隔で水ようかんの空き缶などで深さ1cm程度の深さに窪みをつけて、そこにダイコンの種を4粒づつ播種します。播いた後は軽く土をかぶせます。

Dscf5152_1024

最後は、虫除け、鳥獣除けにそれぞれ寒冷紗、不織布で覆いをかけて本日の作業は完了。奥にあるのは、上期に作ってたナスの残り。もう少し残しておこうかと。

Dscf5160_1024

今回は自主作業として、秋ジャガを試してみたいので、楽天でいくつか買ってみました。週末あたりに植えてみたいと思います。

 

|

« エダマメ | トップページ | 秋ジャガ植え »

コメント

また始まったのね。当日は台風の影響で大変だったようだね。頑張って下さい。

投稿: あっちゃん | 2011年9月 6日 (火) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161461/52656635

この記事へのトラックバック一覧です: 秋期講座開始!:

« エダマメ | トップページ | 秋ジャガ植え »