« またしても水曜日が… | トップページ | 爆睡 »

2006年9月20日 (水)

「自己責任」という言葉の恐ろしさ

結局、三連休は初日が出勤で、後は寝てただけで終わり。昨日(火曜日)からまたいつもの生活に戻ったわけですが、我がW-ZERO3[es]もちょっとまたカスタマイズ。最近のTodayはこんな感じです。

Today20060916180518

予定が一日にたくさんある場合、一画面に表示しきれなかったので、「todaycompact」というソフトで、最低限表示しなければならない部分(メール、着信)を年月日のすぐ下に横一列に並べてコンパクトにしました。

同じ作者による「[es]Silencer」というソフトもあったので、インストール。某氏にミラーマン木直草(※文字を分割してます)と誹謗される始末。そんな不純な動機では使いませんって。

さて、今日の話題はちょっとまじめな感じで。毎週だいたい読んでる「週刊アスキー」の連載で、歌田明弘氏が「仮想報道」というコラムを執筆されているのですが、今週(10/3号)に「自己責任」について面白い記事を書いていた。

記事自体は、掲載週刊誌の発売後に「地球村の事件簿」という歌田氏のブログに掲載されるので、詳しくはそちらを読んでいただきたい。

最近では、イラクの邦人誘拐の際にこの言葉が巷をにぎわしたが、自分の環境にもそれが迫っているようなのです。

というのも、我が所属する会社でも“成果主義”というのが、社員の評価に使われるようになって久しいのですが、成果=会社にとっての利益を挙げられないのは、その人のスキルが劣っているからだ、と「自己責任」へ帰着してしまうのではないか、というのです。

会社って集団プレイじゃないの?と思うのですが、効率アップを目指すあまり、個人の能力うんぬんという話になってしまうんでしょうね。

“成果主義”については、トヨタの張富士夫氏はテレビ番組の「カンブリア宮殿」で面白いことを言ってます(リンク先の「今夜の一言」を参照)。

とは言いますが、それはそれで上司が大変なわけで…。

|

« またしても水曜日が… | トップページ | 爆睡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161461/11966034

この記事へのトラックバック一覧です: 「自己責任」という言葉の恐ろしさ:

« またしても水曜日が… | トップページ | 爆睡 »